本文へ移動

管脈動緩衝装置

概要

 ピストン式ポンプによる管圧送の場合、水分の多い土砂を輸送すると”衝撃音”を発生する事がよくある。本装置は配管の途中に配置し、蓄圧器と油圧シリンダを利用して脈動を減衰させ、騒音や振動の低減を図る装置である。
SA10-250
SA10-250型 管脈動緩衝装置

仕様一覧

型式
SA8-250型 SA10-250型 SA12-250型
入口・出口管 8B 10B 12B
緩衝実容量
15.3 15.3 15.3
緩衝圧力範囲
MPa
0~4.5 0~4.5 0~4.5
シリンダー口径
mm
φ280 φ280 φ280
油圧シリンダー径/ロッド径
mm
φ110/φ63 φ110/φ63
φ110/φ63
油圧圧力範囲
MPa
0~30 0~30 0~30
アキュームレータ容量
4 4 4
ガス封入圧力範囲
MPa
0~7 0~7 0~7
ガス標準セット圧力
MPa
2 2 2
概算重量
kg
約 500 約 600 約 650

注 記

  1. 仕様は製品改良にともない予告なく変更する事があります。
カタログ・外形寸法・仕様詳細はお問い合わせください
丸矢工業株式会社
〒553-0001
大阪市福島区海老江5-5-6平松ビル2F
TEL:06-6453-0521
FAX:06-6453-0525
------------------------------------
建設機械の設計製造・販売・レンタル
・コンクリートポンプ
・スラッジポンプ
・アジテータカー
------------------------------------
0
0
8
7
4
8
TOPへ戻る